toggle
2022-08-06

小学4年生のS君 ピティナコンペに初挑戦

規模の大きさで言えば世界一とも言えるピアノコンクール「ピティナ ピアノコンペティション」に小学4年生のS君が初挑戦しました。

コンクールのレベルも高水準で、予選2曲、本選2曲の合計4曲を短期間で仕上げなければなりません。自宅練習のためにコンクール期間中のレッスンをスマホで録画して頑張る中、「課題4曲」という大きな壁に一度は挫けてしまったものの、予選の2曲に集中することでグンと上達。

コンクール当日は、ピティナ初参加ながら「コンクール常連」といった子達に引けを取らない素敵な音色を響かせてくれました。

賞状やトロフィーはあくまでオマケ。大切なのは、本番に向けて頑張る過程と、講師を含む周りの大人達も一緒に成長できる事にコンクールの価値があると改めて実感できました。

今はサッカーにも夢中ですが、ピアノもサッカーも(お勉強もね!)自由に伸び伸びと楽しんでくれるように応援して参ります。

関連記事

    関連記事はありません